古典根付

京都派と江戸派

伝統的な和の芸・技は、常に東西が競いながら、しかも両輪となって進歩してきました。
根付も同じで、先行した京都派は雅びやかな都の風情を反映して、おおらかな作風。
一方、江戸派は粋を重んじ、こまやかで、洒落の心を重んじました。